Home > Web 技術 Archive

Web 技術 Archive

試行錯誤中。

iPhoneにてブログを更新。
色んなやり方があるんですが、写真を使った

更新の仕方に試行錯誤中です。

普通にテキストだけなら簡単で、シックスアパート
から出している物をアップロードすればいいんですけどね。

その方法だと写真のアップができません。
せっかくカメラがついているiPhoneなので、
どうにか写真付きで公開したいんですけどね。

Pixelpipeというアプリがよさそうなんですが、
なぜかMTとの連携がうまくいかず、困ってます。

かと言って、有料のアプリを買うのもなぁ。。。
悔しいです。

誰かPixelpipeの設定方法を知っていたら教えてください。
むぅ。

Twitterの検索が、すごいという話

twitter_search

ちょっと前に「twitterの何が楽しいか分からないので、とりあえずやってみる。」という
エントリーでTwitterについて触れました。

それからちょくちょくつぶやいていて、実はトップページの一番左下に表示されてたりもします。


まぁそんなこんなで地味にボソボソと思いついたことを書いているんですが、
最近になってtwitterの検索がすごいんじゃないかということに気づきました。


普通に検索窓にキーワードを打ち込んでみる。

そうすると、そのキーワードが入ったつぶやきがブワーッと表示されます。
この結果を見てみると、色んな人の直感で書かれた言葉が並ぶのである意味
レコメンドになってることに気づきました。

たとえば「willcomで検索」すると、最近始まったサービスの「WILLCOM CORE」について
興味を抱いている人が多いことが分かります。

口コミ情報の一番表面の情報で、且つリアルタイムなものが一覧で出てくるって
結構すごいことのような気がしています。

しかも、これがRSSとして登録もできます。

willcomで検索のRSS

これをリーダーに登録しておけば、つぶやきがあった時にすぐ読める。
世の中の動きというか、自分と同じものが気になっている人たちの気持ちのゆらぎが
分かる気がしますね。

ある意味、キーワードを軸にしたコミュニティーみたい。


。。。。。ということに興奮していたら、既にネタフルさんで結構前にエントリーされてましたね。
失礼しました。

でも、自分も本当にびっくりしたんです。
うまく使えたら面白いことができそうだなぁ。

twitterの何が楽しいか分からないので、とりあえずやってみる。

twitter始めてみました。

前々からアカウントは持っていたのですが、今一つ使い方が分からず。
可能性は感じていたものの、ほったらかしにしていたのがtwitterです。


なんて偉そうに書いてますが、まだ自分も「始めてみた」という程度で
どういう付き合い方が良いのかはかりかねてます。

ただ、ちょっとずつその面白さが分かってきたので一度まとめておきます。


○記録ツールとしてのtwitter

備忘録というか、ブログにまとめられるほどではないけど、
「あ。。。」って思いついたことをとりあえず垂れ流しておくような感じ。

これが結構悪くなくて、後からそれを見返して考えたりすることもある。


○コミュニケーションツールとしてのtwitter

これはもっとフォローする人/される人が増えてくると楽しくなるのかも。
でも独り言だけど届いたり、備忘録として書いたことに反応がダイレクトにあったりなど
ブログやSNSなどともちょっと違うコミュニケーションをとれる感じ。

かなりリアルタイムで反応があるから面白い。


○ツールとしてのtwiiter

色んな人が色んなデータを使ったボットを作成して、それをみんなで使ったり
楽しんだりしている。

recipetterのダイレクトな反応とか、結構びびる。


まだまだ使って間もないので、面白い使い方がいろいろありそう。
とにかく単純なin/outではなくて、やり方によっては面白そうなことができそう。

「こんな使い方ができたらいいのに」と思ったら既にそういうボットがいたりとか。
みんな知恵を駆使して色々やっている感じが良いですね。

しばらくはぶつぶつと独り言をつぶやきながら、使いこんでみようと思います。

You and I トップページリニューアル

かねてからの懸念事項であったトップページですが、リニューアルしました。

You and I

色々と試したいことがあるんですが、とりあえず最低限ってことで公開させました。
目標は2月中だったので、なんとか間に合ってよかった。。。

前のトップページは、デザインを勉強がてら作っている内になんとなく
できあがってしまったものなので、あんまり分かりやすい形ではないなぁ、と
ずっと気づいてはいたのです。

今回のものは入口としての面構えと、使い勝手のバランスということで
かなりオーソドックスな感じです。
かなりグリッドで区切って設計したので、色々と付けたり消したりは
前よりしやすくなったと思っています。


しばらくはこの感じで行きますので、これからもよろしくお願いいたします。

ヒューマンエラーは起こりえない、なんてことはありえない。

Googleの表示が土曜の夜に1時間ほどおかしくなってました。
自分もそのおかしな表示を体験し、結構困ってた1ユーザーでもあるわけですが。

Googleの全SERPsで「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」

全ての検索結果からリンクが正常に機能しない自体に陥っていました。

1時間とはいえ、Googleが土曜の夜に使えないって言うのは
かなり大きな機会損失だったのではないかと思います。
通常のキーワード検索結果以外にも広告だってあるわけですから。

で、そんな機能停止が全世界でに起きたわけです。
金額に換算すると、いくらになるんでしょうねぇ。。。
多分、恐ろしいことになっていると思います。


そして、その恐ろしいことが「危ないサイトリスト」の更新ミスという
単純なヒューマンエラーであったことが、なんとも泣けてくるというか。。。


表示がおかしくなってしまった時に、まずは自分のハードがおかしくなったと
思わせてしまうくらいの技術屋であっても、ヒューマンエラーが起きる時は起きる。

これはしょうがないことであって、それをどれだけ想定して対策を練っておくかが大事であり、
且つ終わりの無いことなんだろうなと思います。

ちょうど先週末は会社のネットワークも調子が悪く、1日仕事ができてるんだかよく
分からない日だったこともあったんですが。。。

情報化社会の脆さを実感します。

なんとかなった。。。

今年に入ってからひとつ頼まれごとがありまして、サイトを一つ作ってました。
とは言っても数ページのものですが。


デザインからコーディングまで、納期の中でなんとかなったというのは
自分の中で収穫ではありました。やればできるもんだ。

ですが、その品質がどうにも。。。
特にコーディングは落ち着いたら設計をイチからやり直したいと思います。


そして今回思い知ったのは、XPのIE6とFF、VistaのIE7とFFでレンダリングの感覚が
まるで違うということでした。
知識としては勿論知ってましたが、まさに「体感」した気がします。
多分Macまで見たらまた違うんだろうなぁとは思いますが、正直そこまでは
見切れないです。

まぁ自分の設計がいけないだけなんですが。。。
何事もやってみて、ですね。


このサイトの新TOPページもコーディング途中だし、頑張ります。

おもてなし。

「おもてなし」を受けているように感じるサイトって、どんなものですかね。

どんな人がどんな意図を持ってそのサイトを見ているかによるとは思いますが、

「どうぞどうぞ!楽しんでいってくださいね。」だったり
「私の知っていることであれば、すぐにお教えしますよ!」だったり
「そちらのセットでしたら、ご一緒にポテトもいかがですか?」だったり。

いたれりつくせというか、かゆいところに手が届くというか。


「満足する」こと。
そして、そのサービス(機能・コンテンツ全てひっくるめて)を「また受けたい」と思うこと。

そこまで気持ちを持っていけるかどうかが重要なのかなぁ、と思ったわけです。
相手を受け入れて、一歩前に引き込むイメージですね。

それを仕組みで実現するのか、中身で実現するのか、そこが肝心なんですが
ただ情報を「載せている」だけでは、やっぱりおもてなしにはほど遠いな、と。

次はそのステップに踏み込めるように頑張りたいと思います。


今日はそんなことも含めて、色々と考える1日でしたが、どうも自分が
大人(社会人と言った方がいいかも)としての、ちゃんとしたおもてなしって
あんまり受けたことが無い気がします。

ちゃんとした場所に食事しに行ったりとか、ちゃんとしたホテルに泊まったりとか。
そういうのが様になる大人に、まず自分がならなくてはと、なぜか自己嫌悪に陥った
2008年師走。

これだからIEってヤツは。。。

ツールチップを入れてみたのだが。。。

トップページや各ブログの紹介ページにツールチップを入れてみました。
ナビゲーションにマウスを持っていくと、ちらっと説明が出ます。

ただ、これがWin XPのIE6だと悪さをするようですねぇ。。。
一瞬画面の最下部にテキストが表示されるらしく、その分画面の高さが
変わってしまい、スクロールバーが出ます。

ナビゲーションの位置はウインドウサイズに左右されないように
最下部にレイアウトするように頑張ってコーディングしているので
これは由々しき事態です。

ただ、ツールチップ自体を調整するほどの技術力は今の自分には無いので
どうしようか悩んでいます。


その他にも色々な問題を地味に抱えているので、デザインを一新しようかなぁとも思います。
実はそれに向けてある品物をネットで購入したりしています。


来年の1月いっぱいくらいまでにはできれば良いなぁ。。。

You and I で検索。

「You and I」をGoogleで検索

やっと1位になりました。
(2008年11月現在は、映画のレビューが1位ですが。。。)
サイト名で検索結果に表示されないというのは、なかなか心苦しいものです。

ドメインを取得して、このサイトを公開したのが10月23日。
検索結果に表示され始めたのがここ数日前から。

そこからドンドン順位をあげていって、やっと1位です。
約1ヶ月ですね。

「You and I」というのは曲名でもありますし、他の方もこの言葉でサイトを
運営していらっしゃる方が結構いて、割と一般的なキーワードかなぁと思っていました。

なんでわざわざそんなものをサイトの主題にしたのかというと、
その中でどこまでやれるかな、というのが自分の中で検証したかったことの一つだからです。
要は新ドメインのエイジングフィルタが、どんなものなのかを知りたかったのです。

普通にやっていれば、(まぁ裏側でこそこそ草の根運動はしてますが)
1ヶ月くらいでGoogleには出てくる、と。
なるほどね。

あとはこれからコンテンツを増やして、引っかかるキーワードをなるべく
増やしていかないと、ですね。
まだYahooでは30位くらいですし。


基本はコンテンツ次第。
頑張ります。

気持ち良い、とは何か。

気持ち良いウェブサイトって、どういうものなんでしょうか。
ここ最近、このことについてよく考えています。

「気持ち良い」の定義が人によって様々なので、100%の答えはないと思っていますが、
80%くらいの解答はあってもよあそうな気がしています。

要は、何かをトリガーとして気持ち(メンタル)に良い刺激を与えるものだとは思うんです。
「あっ!」とか「すげー!」とか「良いなぁ」とか。
それが瞬間的なものだったり、自分の操作によるものだったり、内容によるものだったり。

色んなシーンであると思うんです。


ざっと思いつくままに書いていくと。。。

○瞬間的なもの
  • パッと見たときに直感的に意味が分かる
  • パッと見たときに直感的に使い方が分かる
  • 写真/イラストのクオリティ
  • 色使い
  • コピー

○自分の操作によるもの
  • 機能的な満足感(したいことができる)
  • クリックしたときの動き
  • 想像できる遷移を裏切らない
  • 自分の想像を一つ飛び越えたところに行く

○内容によるもの
  • コピー
  • 充実度
  • 課題解決
  • 疑問解決(腑に落ちる)
  • 想像できる遷移を裏切らない
  • 自分の想像を一つ飛び越えたところに行く

何を求めるかによって、どんなターゲットにどんな気持ちよさを提供するのかしっかり
定めなくてはいけません。
ただキレイなだけ、では絵と同じです。
ウェブサイトはあくまでツールであり、見てもらって使ってもらってナンボのものですから。

理想は、

子供が見たときにパッと使えるもの。

みたいなものをイメージしています。
特に悩むこともなく、なんだか触っていて楽しいもの。

もちろん内容にもよるので、全部がそうだと良いっていう訳ではないんですが、
目指すべきレベルはそこまで「無駄が無く、充実したもの」でありたいと。

なんだかぼんやりしたエントリーですが、とりあえずアップ。

プレゼンテーション

ジョブズのようなプレゼンがしたい!ということで調べてみた

今度、お客さんの前で提案する機会があります。
今まで散々資料は作ってきましたが、それをお客さんの前で話すのは久しぶりです。
どこまでのものを作るのかが、このプレゼンにかかっているので頑張ろうと思います。

ということで、プレゼンならジョブズだろってことでざっと目を通してみました。

・キーワードをしっかり決めること。
・かぎりなくキーワードは分かりやすく、シンプルに。
・何かと比較する。
・3回繰り返す。
・細かい見せ方ではなく、メリットを伝える。
・全体の流れと、進捗を伝える。

プレゼンに限らず、いろんなことに言えることが多いとは思いますが
人前で話すとなるとつい忘れがちなことでもありますね。

特に「3回」という数字は、色んな側面から見て大事なんだそうです。
心理学や神話学など、様々な点でそういった話を聞きます。
(良いソースが見つかりませんが。。。)

あと、先方担当者もそういった気質です。
ここはかなり気を使いたいところです。


では、どのポイントで気を使うのか。

今回は「原点回帰」と「夢を見させる」のが自分の課題です。
本来の目的を思い出させて、これから作るものがどれだけ重要であるのか。
そしてどれだけ有益なものであるのか。
その2点に絞る予定です。

割合的には。。。7:3で原点回帰寄りですね。
これは完全に自分の読みですが、今回の件は1度話が頓挫しているので
まずは何が話の始まりだったのかを「整理」させることが大切だろう、と。

資料はほぼできているので、あとは口頭で

・分かりやすいキーワードで整理
・プッシュすることを明確に

を「3回」繰り返すような話の展開を考えます。

まぁいくら作戦を立てたところで、慌ててしゃべったらNGです。
ライブだと思って、良い緊張感を持ってやれたら。。。と思います。

You and IのRSS

You and Iはこのブログをはじめ、4つのブログで構成されてます。(2008年11月現在)

blog
テキスト中心で思ったことや感じたこと、日々の備忘録も兼ねて書いてます。
Photo log
撮影した写真から、なんとなく気に入ったものを載せてます。
Interior
自分の好きなインテリアや小物関連を細かく紹介していく(予定)です。
まだちゃんと構築できてません。。。
Link
自分が使っているソーシャルブックマークであるdeli.cio.usをどんどん掲載してます。
それ以外にも個別にリンクはつける予定です。

と、まぁざっくり説明をつけるとこんな感じなのですが、それを全部1つにまとめたRSSを
作成しました。

http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.run?_id=ogjEwUql3RGFyEtz6icw5g&_render=rss

このURLをRSSリーダーに登録していただければ、You and Iの更新された記事は漏れなく
ゲットできるかと思います。

ちょっとでも気になった方は、ぜひどうぞ。


そして、このRSSの作成方法で少し感動したこともあったので、それはまた別途まとめます。

Index of all entries

Home > Web 技術 Archive

Search
Feeds

Return to page top