Home > シンガポール Archive

シンガポール Archive

象徴としての象

シンガポールには

・シンガポール動物園
・ナイトサファリ

という有名な動物園があります。
ここを見てきたわけですが、ナイトサファリは世界的にも「夜見て回る動物園」という
ことでとても有名です。

確かにこちらも面白かったのですが、それよりも自分は隣のシンガポール動物園で
一緒に写真を撮った象に心を奪われてしまいました。


ここでは本当に象の横に立って写真を撮ってくれます。
象の顔の横に立って、鼻をなでながら写真を撮ったのですが、その時目の前にあった
象の目がものすごい優しい雰囲気を持っていて。

何でも分かっているような落ち着いた目を見た時に、思わず「ありがとうね」と言ってました。


ヒンズー教ではガネーシャという象の化身の神様がいます。
仏教でも豊穣の儀式において神聖な結婚の象徴なんだそうです。

シンガポールのアラブ人街で見た布物やカバンなどの模様には、象がたくさんいます。


あの目を見たときに、なんとなくそうやって敬う気持ちが分かったような気がしました。

また今度、上野動物園でも行こうかなぁ。



ってところで気付きましたが、「象徴」っていう漢字は「象の徴」って書くんですね。
中国でも重要だったんでしょうか。

いや、完全に思いつきなんで分かりませんが。

マーライオンと風水

マーライオンとは、多くの人がシンガポールの象徴として知っている像だと思います。

なぜライオンと魚なのか。

・ライオン:元々は「ライオン(Singa)の都市(Pura)」という「シンガプーラ」が語源
・その昔、近辺で繁栄していた「テマセック(海、という意味)」という都市の名前だった

というところで、その2つが合体してできたのが、マーライオンというシンガポールの象徴です。
まぁこの辺りはwikipediaでも出てくる情報なので、詳細はそちらに任せるとして。。。


ただ、ここでもガイドさんから風水の話がありました。

よく知られている水を豪快に吐くマーライオンは、3つあるうちの真ん中のサイズのものですが
元々は今の場所ではなく、数十メートル離れた場所にあったそうです。

しかし、そのすぐ横を大きな橋がかけられた途端、なぜかその水を吐く仕組みがおかしくなって
水を吐かなくなりました。
それからというのも、なんだか政治やら経済やらもあんまり良い方向には向かなくなってしまい。。。

その原因の一つとして、マーライオンの位置と橋の関係が風水的に悪いということが分かり
マーライオンがいる位置を橋の逆側に移しました。


それからは水を吐く仕組みも調子がよく、経済なども回復していったそうです。



まぁ経済などのくだりはタイミングの話な気はしますが、国の中でもそれだけ象徴として
大事にされていて、問題を風水で解決しようとする発想は素敵ですね。

今年の初めに落雷があって一部破損したそうですが、この間見た時は何事もなかったかのように
水を吐きまくっておりました。

これからもお元気で吐き続けてください。

シンガポールって何がありますか?

「シンガポールに行ってきたよ」って言った時に聞かれると、ちょっと困ります。

まぁ、ありていに言えば「マーライオンだね。」っていうことになるんですが、
勿論それだけではありません。

でもなかなか一言で言えないんですよねぇ。
ちょっと写真を見返しながら、色々と振り返ってみたいと思います。


シンガポールは、まずアジアの中でもものすごい発展している国ということ。
自分が泊まった「シティ・ホール」という駅の近くはもう新宿や渋谷などの
都会に似た雰囲気があります。

こんな感じ。

で、上のページの写真だと分かりにくいですが、この向いの建物(ホテル)の外観に
少し特徴がありまして。
窓がズラーっと並んでいますが、白い部分が何かに見えませんか?

これ、全体を見ると数字の「13」に見えます。

なんでこんなことになっているかと言うと、中国圏の文化も根深いシンガポールは
街のいたるところで風水の概念がかなりまじめに取り込まれています。

風水的(?)に13という数字は縁起の良い数字なんだそうです。

こちらの「富の噴水」もそうですね。
サンテックシティというショッピングモールの中心にどでかい噴水がありまして、
これは風水的に気の集まる場所にあるんだそうで。

また、その中心に小さな噴水があり、それを触って願い事を願いながら3回周りながら
叶うと言われているそうです。


都会の中でもそういった概念が深く根付いているところが日本人には馴染みがなく
面白いなぁと感じるところの一つですね。

シンガポールに行ってきました。

色々タイトルを考えましたが、とりあえずはストレートに。

言葉をまとめられなかったのは、どうもシンガポールという場所が
色んなものをとにかく受け入れて、それをそのままの形でいさせてくれる場所で。

そして、変わらないものと変わっていくものの差が激しく、何がどうなっているのか
正直なところつかみ切れなかったような気がしているからです。


メジャーどころを見てまわって、自分の目で見たりレンズを通して切り取ったり。
色々と記憶や記録を残してきたので、ゆっくり咀嚼するように写真を見返して
ブログにも掲載できたらと思います。

Index of all entries

Home > シンガポール Archive

Search
Feeds

Return to page top