Home > 掃除 Archive

掃除 Archive

いらない物を売ってみた。

今年の年末は基本的に家にいるので、大掃除ほどではない小掃除を
細かく積み重ねています。

まぁそうすると、結構いらない物が出てくるんですよね。

・使わなくなった電化製品
・使わなくなった棚やライトなどのインテリア関連
・いらないCD
・いらない本、雑誌

などなど。。。
まとめてみるとこれがまた結構場所を取るので、早いところ処分したい。。

でも今の時代、捨てるのも面倒だったりお金がかかったりなので、なるべくその無駄を
無くそうということで可能な限り売れるものは売ってみました。

・電化製品やインテリア→リサイクルショップへ
・CDや書籍→ブックオフへ


まずリサイクルショップは「ぐるり屋」というお店へ電話一本。
家に来てその場で見積もり、OK出したらその場でお金をもらいつつ荷物を
持って行ってもらえます。対応は柔らかく迅速でした。

ただ、電化製品は年式が古いと売り物にならないらしく、引き取り料が発生してしまいます。
その場合は市区町村の粗大ゴミに出した方が安いみたいなので、その辺りはその場で
相談しつつ決めました。

合計で4,000円のプラス。


残りのCDや本やブックオフへGo。
CDがだいたい平均で50~60円/枚。雑誌や本が100円前後/冊といった具合でした。

こちらは合計で2,000円弱のプラス。
ちなみに、値段が付かないものもありましたが、それはそのまま無料で引き取ってもらいました。


最終的に売ることができなかったものは粗大ゴミに出すため、その費用が1,300円ほど
でしたので、収支としてはプラス4,300円ほど。

素晴らしい。やってみるもんですね。
家の中もスッキリしてお金ももらえて。気分が良いです。


本や雑誌は裁断機でバラしてスキャンして。データとして保存するいわゆる「自炊」というのが
良いかなーとか考えたりもしたんですが、結局は後で見返すことってあんまり無いんですよね。。。

だったら売ってしまった方がお金になるし世の中にまためぐるので無駄にもならないし。
色々と都合が良さそうだなーなんて最近は思ってます。


一度気に入って手に入れた物を単に捨ててしまう時って、やっぱり多少の申し訳なさを
感じてしまいます。物に対してだったり、作っている人に対してだったり。

そういう気持ちを抱いてしまう人にはお勧めします。
売るからにはいろいろとキレイにしたり確認したりする作業が必要なので手間ですけどね。

攻めの夜更かし。

明日は代休を取得しました。
ということで、今日はいけるところまで依頼されている作業に没頭しようかと。

で、明日こそは部屋の掃除をしないとなぁ。


時間はあるようで、結構足りない。
でも、それぐらいがちょうど良いのかもしれませんね。

お掃除ロボット ルンバ

お掃除ロボット ルンバ

うちには掃除をしてくれるロボットがいます。
まだ名前はありません。

今の家に引っ越しをした時に、ダイソンにするかかなり悩んだんですが、
彼の「自分で働く」という姿勢にかけてみたわけです。ダイソンはいくら吸引力があっても
自分がやらないといけないので。

で、これがなかなか良いんです。
電源入れてスタートさせると、力尽きるまでひたすら掃除をし続けます。

あっちこっちにぶつかりながらも、何度も同じところを丁寧に掃除するので
かなりきれいになります。
また、時々少しお尻(後ろ側)を振りながら動くので、なんとも頑張ってる感を
だすところニクイですね。


ただ、燃費が悪いのが玉にキズですね。
充電器が結構お高いのです。。。1年に一回くらい、1万くらい食われます。
まぁその分、自分が動く労力を削減できるので良いとしてます。

何よりも最近、その働く様に愛着を感じてきちゃいまして。
よしよし、と思いながら眺めてます。


あ、ちょうど掃除が終わったみたいです。自分で家(充電器)に戻っていきました。
御苦労さま。

Index of all entries

Home > 掃除 Archive

Search
Feeds

Return to page top