Home > 音楽 Archive

音楽 Archive

2年3ヶ月。

昨日、キャピタルゲインがラストライブを終えました。

結成から2年3ヶ月とのことで、二人でたくさんの言葉や音を重ねてきたその集大成。
その場には勿論、解散を惜しむ気持ちはたくさんあったと思います。
でもそれ以上に「今まで素敵な曲を作って歌ってくれてありがとう。」という感謝の気持ちと
二人がこれから歩む道を心から応援していきたいと感じている気持ちと。

そういった優しい空気が濃密に感じられる時間、場所でした。
これは単純に曲が良いということではなく、二人の人となりも含めた生き物のような
バンドとしての良さをあらわしているように思います。


自分もその結成当初から写真やブログのデザイン、アルバムやチラシのデザインなど
裏方を色々とお手伝いさせてもらいました。

大したことはできなかったかもしれませんが、自分としても楽しくやらせてもらえましたし、
何より二人が大事にしているものに少しでも力添えできたことを嬉しく思っています。

本当にありがとう。


これからも頑張ってね、なんて言われるまでもなく頑張る二人なので
今更そんなことは言いません。

これからもたまに会って、バカな話をしたり飲んだり。勢いで歌ったり。
今まで通りよろしくお願いします。

Victor Davies - Hear the Sound

  • Posted by: youandi
  • 2010年10月31日 21:41
  • 音楽

最近、iTunesを全体シャッフルでかけ流していることが多いのですが、
たまに思いがけず懐かしい曲とかが流れてきます。

「懐かしいなぁ。」なんて思い始めると、You tubeで動画検索をしてしまうわけです。

ここであまり音楽ネタをやろうか迷う時はあるのですが、まぁ何でもありのブログなんで
気にせず行きます。



Victor Davies(ビクター・デイビス)という、イギリスを中心に活動しているアーティストなんですが、
ファンク、ソウル、ブラジリアン、ラテン、ジャズ、ボッサ等など。。。色んな要素が混ざった曲を作る
シンガーソングライターです。

クラブシーンなどでもよく曲がかかっているらしく、そっちの筋の方々の中では
結構有名みたいですね。
実際、ソウル系のクラブイベントでかかっているのを聞いたことがあります。


特別歌が上手い!っていうわけじゃないんですが、その雰囲気というか音やリズムの使い方が
個人的にツボなんですよね。
特にブラスが入ったアレンジの曲は、聞いているとこうジワジワとテンションが上がってきます。

この「Hear the Sound」は3枚目?のアルバムの表題曲ですが、個人的には1枚目のアルバムも
聞いて頂きたいところ。。。。

と思ったら、amazonにも無いなぁ。。あれ。

相手がいてこそ。

今日はキャピタルゲインのストリートライブにお邪魔してきました。

あ、お邪魔と言っても、脇で少し写真を撮ったりした程度で、本当の目的は
昨日撮影してきた二人の写真のデータをまるっと入れたメモリースティックを
渡すことだったわけですが。


二人の歌を聞くのもちょっと久し振り。

ストリートライブは普通のライブと違って、色んなものが浮き彫りになる場所です。
歌そのものや歌い手の力が如実に人の集まり具合に影響します。
以外と皆さん、何とはなしに耳に入ってきた音を感覚で受け止めてすぐに判断しているんですよね。

その時間はほんのわずか数秒。
そんなシビアな中でもコンスタントに人の足を止めて、毎回着実にその輪を広げています。
これは本当にすごいことです。

また、そうやって止まって聞いてくれる方を目の前にすることで、彼等自身も
想いを込めて歌うことができるし、次の力になる。


当然なことですが、表現することというのは相手がいてこそなんだよな、と。
発信していくことは大事。
でもそれだけでは意味がないし、どこかに届かなければ発信されていることさえも事実にならない。

発信して、届けて、反応してもらって、つながって、広がっていく。
そうやって大切に積み重ねていく。

これは歌に限った話ではないと思っています。写真だってそうだし、これから自分が挑もうと
しているお店だってきっとそう。


だからこその「You and I」だろう、と。
歌を聞きながら、写真を撮りながらその初心を思い出しました。

行方不明。

  • Posted by: youandi
  • 2010年8月10日 20:39
  • 音楽

CDが行方不明なんです。

PCの中や外付けHDDの中には音源としてあるけれど、
CDがそもそも自宅にないもの。
これは大半がレンタルで借りてきたものなので、それはそれで良いんです。

問題は「ジャケットがあるのに、中身のCDだけない」やつ。
なんでだろう。。。
正直、どこにやったのか見当がつかない。。。ジャケットがあるってことは
人に貸したままってことも無いだろうし。


これは自宅に今流行りのかりぐらしファミリーがいらっしゃるということで
心の解決を図った方が良いんですかね。


あ、でもあのサイズじゃCDは持ち運べないか?
そもそも聞くものがないのか。

あ、聞くことだけが用途じゃないのか。鳩除けに使ったりしますもんね。

探しても出てこないので、とりあえず夢のある方向で一旦まとめておこうと思います。

8月になりましたね。

気がついたら夏休み真っ盛り。
出かける時も山手線にはポケモンラリーに勤しむ子供たちとそれに付き合うお母さんや
お父さんを多く見かけます。

なんか、ここ数年あの風景が夏の風物詩になっている気がするのは自分だけですかね。
あのペアを見ると「夏が来たなぁ」と。


8月。

8月と書いてすぐ次に出てくる言葉が「鯨」。
世間一般的には「8月の鯨」という1980年代のアメリカの映画が有名なようですが、
自分が思い出すのはゴスペラーズの曲です。

何とも言えないリズムと歌の掛け合いが好きで、よく聞いてました。

でも歌詞を見るとかなり悲しい歌ですね。
どうやらリーダーの悲しい過去が歌になっているようですが。。。


。。。で、歌詞を読み返して気が付いたんですが、ちょうど今日は8月4日ですね。
歌詞の最初の歌いだしが「覚えてる? あの日 8月4日」と。
別に狙って書きだした訳ではないのにドンピシャでびっくりしました。

普段何も考えないまま書きだすと、途中で破綻して保存のみで終わることも多いのですが
何となく勿体なかったので今日はこのままの勢いで残しておきます。


世間一般的に有名な「8月の鯨」は見たことが無いのですが、ゆったりとした雰囲気の
名作なようですね。
ちょっと気になってきました。

夏の暑さを忘れるような、ゆったりとした気分になれたら良いなと思います。

見たものや読んだもの。

facebookというサービスがあるじゃないですか。
ものすごくざっくり言ってしまうと、mixiの海外版みたいな他のユーザーと
コミュニケーションを取ることのできるサービスの一つです。

※いや、まぁあ色々と反論はあると思いますが、世間一般的な説明として
 このような言い回しにさせていただきます。


最近このfacebookを自分の周りでもやり始める人が増えてきたので、その流れに乗って
自分もアカウントを取得してみました。

その中のプロフィールで、

・好きな音楽は何ですか?
・好きな本は何ですか?
・好きな映画は何ですか?

という質問項目があるんです。

音楽はまだかろうじてジャンルなどを書けます。一応そういうことをやっていたので。


でも本とか映画とかは全然出てこないんです。
なぜか音楽に比べて本や映画は「これが好きだ!」って明言するのがはばかられるんですよね。

「これが良い!」という言葉は、自分を一定のカテゴリーに当てはめてしまうことで
どうも自分のイメージが勝手に固まってしまう気がするのが苦手というのが少しあります。
血液型とかもそうですね。。
どうもあの手の話で「だからあなたは○○ですよね」と断定されてしまうと、いやいやそうじゃなくて
と言ってしまいたくなります。


勿論、本や映画、アートとか自信を持って「これが良いんだ!」って言えるほどの知識と経験が
無いというのも大いにあります。。。

全然内容を覚えていないんですよね。一つに時間をかけていたり、あまりに流し見をしていたり、
注意力が無いのか記憶力が無いのか感受性が無いのか。
どれも当てはまる気がしますが。


もう少し、ひとつひとつを大事にしたいと思います。
ここのブログでも忘れないようにもっと書きとめておこうかな。。

virtual insanity

ワールドカップのチリvsホンジュラス戦を見ていたのですが、
その合間にやっているCMにちょっと心奪われました。

カップヌードル「virtual insanity」



途中から吹き替えで誰か別の方が歌ってますか?
違和感がありますが、これはよくやったなぁ。。MISIAもすごいと思いましたが、
まさかJamiroquaiまで引っ張り出すとは。。。

ちなみにこっちが元ネタ。

Jamiroquai - Virtual Insanity

※埋め込み禁止になっていたのでリンク


あと、こちらは分かる人には分かる懐かしい。。
香港幸運「virtual insanity」



You tubeで「バーチャルインサニティー」とカタカナで検索したら1位。。。
びっくりした。

何回この人たちと対バンでライブやったかなぁ。。。
まだ元気にやってるのかしら。

と思ったらまだやってるみたいですね。
自分が大学生になる前からアカペラやってて、まだやってるんだ。。。

ここまで来るとすごい。

アイツはとんでもないものを盗んでいきました。

それはこのブログです。


ということで、このブログも彼に盗まれました。
このページに来ると突然ルパンが登場して掃除機で吸い取っていくかと思います。

これはパチンコの「ルパン三世  Get Gold 徳川の秘宝を追え」のキャンペーン
ブログパーツです。
渋谷のモヤイ像に始まり、いろんなものが盗まれてるみたいですね。
目黒のドンキホーテも盗まれたんだ。。。見に行ってみようかな。

Googleマップを使ったお宝探しコンテンツをやってます。
かなり難しいキャンペーンっぽいですね。。。でも好きです、こういうの。


個人的にルパン三世は非常に思い入れが強く、テーマ曲が流れてくるだけで
ゾクゾクするわけですが、特に今回のキャンペーンはリアルでも展開しているから
そそられますね。

モヤイ像が盗まれた際はYahoo!ニュースにもなりました。


そこのコメント欄に

「なに、撤去したのはルパンではなく作業員だと?バカモーーン!それがルパンだ!!」

というのがあります。
このコメントには深い愛情を感じます。


こういう発想が素敵だなぁ。

キャピタルゲインの3rdアルバム「AIKOTOBA」

aikotoba_title.jpg

キャピタルゲインの活動には、微力ながら協力させていただいてます。
1枚目、2枚目の写真。3枚目の写真からデザイン一通り。
8月のライブのチラシやストリート用の看板素材、翔ちゃんのポストカードなど。

。。。まとめてみると、結構あるなぁ。
まぁ自分が好きでやっているだけなので声をかけてくれるのはありがたいことです。


で、8月の頭にあったライブ「あいことば」のタイミングで売り出された3rdアルバム「AIKOTOBA」

白状します。
実はデザインデータを作っておきながら、今日まで音源を手にするタイミングをなぜか
逃していて、持っていませんでした。

今日のライブ会場で、やっと入手できました。
ライブの模様の写真をアップしたり、今この記事を書いている最中も聴いてます。


ずっと近くで聴いてきた人間でも、これはホントに良いアルバムですね。
1、2枚目を経て、本人達としても色々イメージが共有できてきたのでしょうか。
全体を通して密度が濃く、その流れも自然と入ってきます。

杉山君の詩はストーリー性が強いので、文章だけを見ると沢山詰まっている感じを
受けますが、そうは感じさせない作りをしていると思います。
だから曲も入りやすいんでしょうね。

曲も良い曲ばかりです。ライブで良い曲だなーと思って聴いていた曲を
しっかり聴くことができて満足です。


そしてそんな大切なアルバムに写真を使ってくれて、本当に嬉しいです。
これからも何かあれば声かけてくださいな。力のおよぶ限り協力させていただきます。

翔ちゃんのポストカードを作りました。

  • Posted by: youandi
  • 2009年11月 2日 22:50
  • 広告 | 音楽

postcard_title.jpg

実は大分前からオーダーを受けていたんですが、やっと完成しました。
キャピタルゲインのVoとPianoを担当している「増田 翔」ポストカードです。

。。。ちょっと野球カードのノリで書いてみました。


翔ちゃんが働いているカフェで、彼専用の宣伝ツールとしてポストカードがあると良いなぁ、
という話が発端でした。
そのカフェはその界隈では結構有名で、翔ちゃん自身恐らく名物な店員さんだと思われます。

そこを宣伝の場として使わない手はないな、ということで作成しました。


その時点ではお手軽に作るつもりだったのですが、自分のワガママで今回は
印刷所に発注させていただきました。

仕事で紙のデータを扱うことはあっても、自分で作って発注したことがなかったので
経験としてやってみたかったんです。

Illustlatorは得意ではないので、全てPhotoshopで入稿データを作成。
ネットからデータ入稿して届くまで約1週間ほど。
無事に翔ちゃんが250枚、自宅に届きました。

初めてなもので色の設定とかを若干ミスしていたり、100%満足の行く形では
なかったのですが、スムーズにはできたなぁと思います。

ちゃんとコート紙を使って、ちゃんとした機械で印刷するとやっぱり良いですね。
そしてウェブとは違って形に残るのは良いことです。


ものづくりは良いね。
そして、それが使われることが、何よりも嬉しいです。

これからも頑張ります。

キャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」 2日目

やっと終わった。。。
先日のキャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」の2日目の写真もアップしました。

キャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」2日目

何も考えずにピックアップいていったら、60枚以上に。。。
勢いでアップし始めたらひっこみがつかなくなってしまいました。
1日目と合わせると100枚くらいありますね。

まぁそれだけ内容の濃い2日間だったということで。


1枚1枚、アルバムをめくるようにのんびり見てもらえれば嬉しいです。

キャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」 1日目

キャピタルゲインのワンマンライブ「あいことば」の1日目の模様を
ダイジェストでアップいたしました。

キャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」1日目


ということで、こちらからご覧くださいませ。
とりあえずコメントやらまとめやらはまたあとで。。。

近日中に2日目もアップします。

キャピタルゲイン ワンマンライブ「あいことば」

キャピタルゲインのワンマンライブ「あいことば」が終了しました。

とにかく、大きな問題もなく(小さいことはいっぱいあったようですが。。。)無事に
終わって良かったですね。
1日目、2日目ともリハの段階からお邪魔して、ひたすら彼らの前をウロウロしながら
写真を撮っていたので、何だか勝手に達成感というか安堵感というか。

そんな気持ちを抱いているわけです。


さて。
そもそもライブについてですが、今回は本当に良いライブだったと感じています。

キャピタルゲインの二人は勿論、パワフルなサポートメンバーをひっさげて挑んだ曲たちは
いつものストリートとは全く違う力を持っていて、馴染みの人も初めての人もとにかく
楽しめるものだったかと。


そしてなにより、二人の目標でもあった

「何かを伝えるだけではなく、お客さんから何かを受け取りたい。」

ということが達成できた(と自分は感じています)が、何よりも素晴らしいことでした。


「受け取る」ということは、相手から何かの思いを発信してもらわなければいけないですが、
個人的には1日目の前半が終わった後にメンバーが一度はけるタイミングでずっと
拍手が鳴り止まなかったときにその思いを強く感じました。

メンバーがはけきるまで拍手が鳴り止まなかったことについて、楽屋で
「これでライブ終わりと勘違いしてるんじゃなかろうか?」と本人達が少し心配になるほど。

でもそれは

「すごい良いぞ!」
「後半も期待してるよ!」

といった賞賛や期待、応援、色んなものが混ざり合って拍手となって鳴り続けていんだと思います。


二人の気持ちがちゃんと伝わって、それに対して素晴らしい反応があったこと。
とにかくこれが一番良かったです。


その場の空気を少しでも写真に収められればと思って、ライブ中も撮影係としてシャッターを
切らせてもらいました。
近くにいた方でシャッター音がうるさいと思っている方がいらっしゃいましたら、、、すいません。

近日中にこの2日間の模様はまとめてアップしたいと思っておりますが、2日間ベタ付きで
撮り続けていたので、失敗も含めて800枚近くありまして。。。


精査してアップしていくので、しばしお待ちください。

SCS25周年記念パーティー「SCS 25」を思う。

行ってきました。25周年イベント。

色々と思うことはありますが、とにかく自分が選択して4年間を捧げた場所は
自分の知らない人がものすごいエネルギーを詰め込んできたもので、それが今も
それ以上に多くの人たちによってエネルギーを注ぎ込まれているものなのだと
いうことを知りました。

いや、頭では知っていることでしたが、体感できました。

リハの時はいつものライブのときのような感じであまり感じなかったのですが、
実際に開場したときの人の多さやその雰囲気が自分の知らないものでした。

知っているはずの人たちがここまで集まると、もはや初めての体験になるんですね。


これは絶対的な力や能力をもった人が「やるぞーー!」と言ってできることではなくて、
時間と労力、気持ちの積み重ねがないとできないわけです。

某グループのリーダーが「俺達は音を重ねてるだけだからな。」と言ってましたが、
音を重ねるにも重ねる相手が必要です。
それがどんなにすごいことで、幸せなことだったのかと。

会場全体で「That's the way it gose」を歌っているときにしみじみと感じられて
涙が出そうになりました。


現役で頑張っている人もいれば、その現役に近い人たち。
卒業してちょっと時間が経っていて、「久しぶりー!」が合言葉になっている人たち。
「お母さん、すごい歌上手かったーー!」ってリハを見て抱きついてくる子供がいる方達。
もう髪に白髪も多くて、本当にその積み重ねを感じる方達。

とにかく幅広かったです。
そしてその場にいられることが、ちょっと誇らしかったです。

何かをその場に残せたわけではありませんが、ちょっとは役に立ったかな。
実際に本番でパーカッションをやりながら、ぼんやりとそんなことを考えてました。


またこういう機会があると良いですね。
その時にも胸を張って色んな人に会えるように、頑張ろうと思います。

SCS25周年記念パーティー

大分先だ。。。と思っていたら、もう明日でした。

明日は自分が大学時代に所属していたStreet Corner Symphonyという
アカペラサークルの記念イベントです。

何が起こるのか、自分でもよく分かってはおりませんがとりあえずやることもあるので
いつも通り「仕事きっちり」で、且つ楽しんでこようと思います。


やるなら自分が楽しまないとね。
まずはそこからです。

そして久し振りに会える人も多そうな予感なので、それも楽しみ。

少しでも色んな人とお話ができると良いなぁ。

キャピタルゲイン ストリートライブ in 海ほたる

今日は海ほたるまで行ってきました。

なんで海ほたる、という話ですが、キャピタルゲインのストリートライブを撮影する
ためでございます。

その模様は何枚かPhoto logの方にアップしておりますので、
どうぞそちらもご覧くださいませ。

※写真の右上にある「Newer」をクリックしていくと、時系列順にご覧になれます。


しかし。
海ほたるに行くには車が必要なんですが、自家用車が無い私は
高速バスで行くしかないわけです。

高速バスが川崎駅から出てるんですが。。。
これが曲者。

海ほたるのサイトには「川崎発「川崎駅東口34番」とあります。
で。
川崎駅に行くと、どうやら地下通路からバス乗り場に行ける模様。
その地下通路の出口がいっぱいあるのですが、まぁ34番だろうと。


思ったら大間違い。
34番で出たらバス停が見当たらない。

必至になって探しても見つからず、人に聞いたら「27番出口だ」と。

。。。本当にひどい。
海ほたるのサイトの不親切さもひどいけど、川崎駅のユーザビリティーもどうかと思う。



そんなこんなで、大人が駅前で道に迷うというこの事態をどうしてくれるのだ!
という責任転嫁も良いところな怒りをぶつけたのが、一個前の記事です。

刺激。

昨日は、キャピタルゲインの杉山君とご飯を食べに行きました。

彼とは大学時代からの付き合いで、今でもたまにご飯も食べに行って
2~3割真面目な話に、7~8割をバカな話に費やす間柄です。

彼の持つ知性やその力は本当にすさまじく、いつも自分はそのエネルギーに
元気をもらっています。

彼と話していると、生きるということがものすごく難しく感じたり、
ものすごく簡単なことに思えたり、とても楽しいもののように感じたり。

多分、どれも本当のこと。
ただ、色んな話をするから行きつくところが違うのだと思います。
普段はあまり深く物事を考えない自分の鈍い頭が、この時は動こうとします。

良い刺激です。


自分も何か刺激を与えられるように頑張ります。
ということで。
キャピタルゲインのバンド活動を、You and Iは全力でサポートします!

まずは8月のライブですな。

頑張れ。
なんて自分が言わなくても頑張る奴らなので、今さら面と向かって言うことでもないですが。

シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」で思ったこと

シルク・ドゥ・ソレイユ「コルテオ」で思ったこと

GW中、5月4日にコルテオを見に行ってきました。

前々からずっと気にはなっていて、見たいなぁと思っていたら東京公演の最後である
5月5日が目前に。
慌ててチケットを取った次第です。

というか、ローソンやらぴあやら色んなところで販売はしているものの
なかなか2枚連席で取ることができず30分くらい日時をずらしながら予約しました。
よく取れたもんだ。。。


そんな流れで見に行ったコルテオですが、思った通り面白かったです。

全体的な雰囲気と、舞台美術、その流れの中で繰り広げられる様々なパフォーマンスは
どれを取ってもレベルの高いエンターテインメントで、それぞれがバラバラではなく
一つの世界観を保ったまま流れていく感じが素敵です。

そして演技をする人達の体つきからそのパフォーマンス内に色濃くでる集中力など
映像では分かりにくい部分、「ライブ感」がものすごい大事なんだなと思いました。

また11月に東京で追加公演をやるみたいなので、まだ見に行ったことが無い人は
是非見に行ってみると良いですよ。



ちなみに、「バラバラなことをやりつつ同じ世界感で一つの流れを作る」というのは
大学時代にやっていたアカペラサークルのコンセプトライブの構成と非常に似ているなぁ。

と思っていたら、どうやら嫁(同じサークル出身)も同じ感想を持ったらしく、夕飯を食べながら
そんな話をしました。

いや、もちろんシルク・ドゥ・ソレイユと同じ土俵で比べるのはとてもおこがましいのですが。。。

そういうレベルの高いところでも、見せ方としてはそうなるのね。というのが
分かったのは面白い発見でした。

オバマ大統領就任記念コンサート

wowowでオバマ大統領就任記念コンサートを見ました。
色んな人が出演していて、正直自分としては知らない人の方が多かったのですが。。。

目当ての人は、やっぱり期待通りのクオリティで。

スティービーワンダーですよ。
この人が歌っているところが見たかった。

こんなに太ったおっちゃんになっているとはちょっと意外でしたが、
相変わらず元気そうで何より。

そして会場の盛り上がりも正直全然違ったように見えます。
オバマ大統領一家も総立ち。
まぁ目の前であんなんされたら、立っちゃいますよ。そりゃ。


コンサート自体は記念コンサートということもあり、進行や見せ方は
いかにもといった感じです。
でも、やっぱりその持っていき方はとても上手いなぁと思いました。

「We are One」というのがサブタイトルらしく、そのタイトルに合わせた曲が選ばれていて、
曲の合間に入る色々な演説がその意味をどんどん膨らませています。

そして、これをものすごい寒そうな外でやっていること。
そのクオリティが良いこと。(演奏に限らず音響も)
それをものすごい大勢の人がしっかり聞いていること。

今の日本でこんなことはできる力は、やる側も聞く側もないだろうなぁと感じました。

Take 5 by Super Funcky Sax

デビットマシューズを見るなら、こっちの方がカッコいい。




この音源は初めて聞きましたが、良い味出してます。
マシューズはサックスメインのバンドとか、トロンボーンメインのバンドとか
そういった異色バンドを意図的にやっていたのもあり、自分は
すんなりこういうのも聞けました。

拍子も4分の5ということもあり、こっちの方がグルーヴ感が出てて良い感じです。
いかにもなアレンジですが、それがマシューズの味ってことでひとつお願いします。

Get it on ~黒い炎~ by MJO

Get it on ~黒い炎~



見つけてしまいました。
マンハッタンジャズオーケストラ(MJO)のGet it on。

これを聞いたのが中学3年。
それまでなんとなくで吹奏楽部に籍を置いていた自分を、
本格的に音楽へ導いてくれた思い出深い曲です。

それまでJazzとかはあんまり聞いたことはなかったんですが、
このオヤジ共の勢いや一体感に「なんてカッコイイんだ!」と
心打たれた記憶があります。

それまでポップスでさえそんなに聞かなかった自分が、なんで
こんな所から入ったのかは謎ですが。。。


そんなMJOが日本の番組に出ていたなんてこれを見るまで知りませんでした。
そして西城秀樹と一緒にやっていたなんて。
色んなことが衝撃的な映像です。

マシューズのなんとも言えない芋っぽさ漂う指揮っぷりや、クリスハンターの
相変わらずのフレージングが個人的にはツボでした。

Something Five ~5つ目の何か~

今日は自分の同期同士が結婚するという、とても大切な日でした。

自分にとって大切な同期だし、二人ともよく知っているだけに幸せになって欲しいし。
そんな日の大切なパーティーで歌を歌えることが、とにかく嬉しかったです。

そして、自分以外にもそうやって感じている人間がたくさんいて、全体の段取りから
当日の映像作成、司会進行、クローク、写真撮影など、本当に色んな人が
同じ想いで動いているのを見ていると、自分も胸が熱くなります。

人って、仲間って良いなぁ、と。
月並みだけれど、大切にしていきたいなぁと心から思います。


Something Fiveとしては。
バンド的には、もう少し音響の環境を整える時間があれば
もっと良い物を出せる自信はあったのですが。。。

ちょっとだけその辺りが心残りです。

まぁ大きく崩れることはなかったし、主役の二人も喜んでくれたみたいなので
本当に安心しました。

結構終わるまではドキドキだったもので。。。
チキン野郎で申し訳ない。


これからも精進しなきゃなぁ、という心意気とともに、
何かそういったパーティーの予定があれば、お気軽に私までご相談ください!

という所で締めくくりたいと思います。


。。。ここで終わらせちゃダメですね。

お二人とも、末長くお幸せに。
本当に、心から祈っています。

7年前の自分。

ひょんなことから、7年前にやったライブの映像をいただきました。

当時撮影したものはビデオテープでもらったのですが、ビデオデッキに食われてしまい
もう見ることができないと思っていたのですが。。。

自分にとっても思い入れのあるライブだったので、嬉しかったです。
この場を借りてお礼申し上げます。>い○たさん


さて。
そんな7年前の自分なわけですが。

何はともあれ、とにかく若い。それはもう、見ていて恥ずかしくなるくらい。
若さは武器ではありますが、何というか。。。色気がないというか。

なんか弾ける感じはあっても良いけど、もっとしっとりしたい時に落ち着きが
足りない感じがしました。

今だから見て分かることもあるんだなぁというのが、率直な感想です。
まぁ今なら色気があるのかっていうと、そんなわけでもないのですが、
たぶん違うステージングにはなるんだろうなぁと思います。


こうやって過去を振り返ってみるのも面白いですねぇ。
今も何かで残しておくと、ずっと先に分かることがあるかもしれませんね。

話すように歌う。

話すように歌う。
Sing Like Talking

なんてお洒落なバンド名なんでしょうねぇ。

そして最近見つけてしまいした。
一番自分が好きな時代のSLTのライブ映像。



RiseはCDになってる音源も結構なFunkですが、もうこれは飛びぬけてます。
なにがってもうやってるメンバーが半端ない。

沼澤さん、塩谷さんは言うに及ばず、小野塚晃さん、小池修さんに露崎春女さんまで。。。

かなり前に音源では聞いたことはあったんですが、映像を見たのはつい最近。
こういうときは、本気でYou Tubeに感謝しちゃいますねぇ。

そして、竹善さんはいつもライブでは気持ち悪いくらい(失礼)汗だくになるので
You Tubeくらいの解像度の方がちょうど良かったり。。。


でもとにかく何度聞いても楽しめます。
こういうの聞くとバンドやりたくなるなぁ。

技のある男になりたい。

仕立てのいい男には、技がある

仕立てのいい男には、技がある。|garra

このサイトは、久しぶりに心を打ち抜かれました。

とにかくお洒落です。
ORBISのメンズ用化粧品のブランドサイト、と言ってしまうとそれまでですが、
そこへのアプローチの仕方が素敵です。

パッと見は化粧品色は全くなく、よくある男性誌のような硬い雰囲気で
まとめてますね。
ただ、動画と音楽の使い方、細かいアクションや詳細ページでの動画の使い方など
全体から細かいところまで、しっかり作り込まれています。

靴にブラシをかける瞬間からドラムのハイハットでスイングし始めるとか、正直びっくりしました。


ここまで見せられたら、やっぱりgarraのECショップまで見にいっちゃいますよ。

導入として全く商品を見せることなく、その雰囲気やイメージだけを
伝えることはホントに難しいと思います。

このバランス感覚とセンスは、悔しいけど素晴らしいですね。

こりゃ、頑張らないと。

  • Posted by: youandi
  • 2008年11月23日 22:54
  • 日常 | 音楽

来年の1月17日向けて、動き出しました。
久し振りの営業でございます。

やる曲は3曲。
でも結構アグレッシブな内容になりましたなぁ。。。

音取りはもちろん、アレンジもやんなきゃ。
これは頑張らないといけません。

今回は自分の同期のパーティーです。
気合い入れていきます!

マイケルジャクソン King of POP

  • Posted by: youandi
  • 2008年10月26日 23:23
  • 音楽

ここにきてマイケルジャクソンにはまってます。

ちょっと前から自分の中で熱が来てましたが、ここにきてベストアルバムが
発売されたことが最後のひと押しになりました。

やっぱりすごい。

「King」と言われるだけのことはあるし、生誕50周年でベストアルバムが
ファン投票で作成されるなんて。
今では色々と噂が絶えない方でもありますが、やはり一時代を築いたことは
間違いなく、You Tube等で見ても古さを感じません。

あと、恥ずかしながら原曲がマイケルだったことを知った曲も。
Human Natureってマイルスデイビスの曲だと思ってました。。。


ちょっとジャクソンファイブの時代も含めて、もっと聞き込んでみたいと思います。
歌詞とかもしっかり和訳を読んでみたいと思います。


映像で特に気に入っているのはこれ。

Index of all entries

Home > 音楽 Archive

Search
Feeds

Return to page top